Share

医師会「スマホ注意ポスター」は問題だらけだ
スマホを使うと頭が悪くなる?

「スマホの時間 わたしは何を失うか」
◆スマホを使うほど、学力が下がる
◆脳にもダメージが!
◆コミュニケーション能力が下がる
◆視力が落ちる
◆体力が下がる
◆睡眠時間を失い、体内時計が狂う

このポスターが事実なら、、
そんな危険なモノ、野放しにしちゃイケません。今すぐ全面禁止です、
もし事実なら。

 

脳にもダメージが!
ポスターには具体的な根拠が示されていません。「スマホやテレビを見ると脳の論理的思考をつかさどる部分の血流が変化し、脳が眠っている状態に近くなることがわかった。脳の発達段階では利用を控えるべき」といった仮説の意見が出されているのは事実であり、そのあたりを根拠にしているのでしょう。

しかし、それでもツッコミどころはあります。「テレビを見る行為も一緒のはずなのに、なぜスマホだけ名指しするのか」「昔からテレビを見て育った私の脳には問題があるのだろうか」と疑問に感じます。

過去に話題になった「ゲーム脳」しかり、ネットやゲームの世界って、この手の近視眼的な批判に事欠かないのです

道具をどう使うのか、が重要

最初にも書きましたが、別にスマホを擁護するつもりはありません。客観的で長期的で明確な検証データから因果関係を確認し、日常のほかのリスクと比べたうえで、規制が必要と判断されれば、「適切な規制」がなされるべきだと思っています。

そのために必要なのは「検証データ」「因果関係」「具体的な弊害」、そして、今すでにあるリスクとの冷静な比較です。

http://toyokeizai.net/articles/-/161828?page=3