Share

全国に展開する外食チェーン店としては初となる“ロカボ”商品である「ロカボ牛麺」(490円)と「ロカボ牛ビビン麺」(590円)をすき屋1952店舗で4月5日(水)から販売する。

糖質を1食あたり20gから40g、おやつ10g、1日あたり70gから130gに制限する「緩やかな糖質制限」では、糖が中性脂肪として蓄積され肥満や生活習慣病を引き起こしやすくなるといわれる食後の血糖の急上昇を抑える、新しい食事方法となっている。

「ロカボ牛麺」
1食あたりの糖質量22gで、かつお、こんぶ、さばで出汁をとり、うまみをふんだんに使用したやさしい味わいのつゆに、米粉入りのコンニャク麺がたっぷり入る。
すき家自慢の牛肉、トッピングしたお揚げと揚げ玉のコクがつゆに溶け込み、奥深い味わいになる。

「ロカボ牛ビビン麺」
1食あたりの糖質量28.5g。ピリッとした辛さがクセになるねぎキムチと、たっぷりの野菜、すき家自慢の牛肉を豪快にまぜて食べる一品。
コチュジャンダレを入れることで、さらに旨辛な味わいでクセになる。米粉入りのコンニャク麺のモチモチや、野菜のシャキシャキ感など、さまざまな食感も楽しめる。

 

一般社団法人 食・楽・健康協会代表理事(北里研究所病院 糖尿病センター長) 山田 悟(やまださとる)先生

今の日本では40歳以上の3-4人に一人が血糖異常者。そんな中、おいしさ、楽しさ、健康の3拍子揃った牛麺、牛ビビン麺の登場は、まさに多くの日本人ビジネスマンの心と身体の健康を取り戻してくれることでしょう。」