Share

家族でゆっくりお花見をするにはうってつけの公園!

普段は変哲もない公園ですが、桜の季節に本領を発揮する公園です。
ここの桜は本当に見事です。公園を囲む高台が全て桜で埋め尽くされます。
大宮(第一)公園ほど人があまり集まらないのもポイントが高いです。
家族でゆっくりお花見をするにはうってつけの公園です。

アクセス
電車
JR大宮駅東口から徒歩30分、東武野田線大宮公園駅から徒歩20分程度。大宮駅からは辛いですが、大宮公園駅からなら歩けない距離ではありません。
バス
大宮駅から東武バス「宮下」「岩槻駅」(大50)乗車10分「鹿島橋」「芝川」バス停下車(「鹿島橋」はちょっと歩きますが、「芝川」はまん前です。)
駐車場
第二公園専用は、2ヵ所約250台。イベント時(場合によっては平時も)は、多目的広場が臨時駐車場に早代わりします。合計すると1,800台近く駐車が可能。

「大宮第二公園」がオープンしたのは昭和55年のことでした。総敷地面積は約22haもある公園なので、広い多目的広場のほかにも特徴がたくさんあります。

「大和田公園」との境界にはかなり深い遊水地があります。底の方まで遊歩道が作られていて、底には結構広めの芝生広場まであります。普段は水量が少ないので底の広場でレジャーシートを広げる人たちがたくさんいて、水位の低い遊水地では釣りをする人たちをたくさん見かけます。

しかし一旦雨が降り始めると、芝川から流れ込んだ水が周囲の道路スレスレにまで上がります。一度見たことがありますがものすごい光景でした。

底の広場になぜかコンクリートの四角い島があるのですが、その島の樹木が水に埋もれるほど水位が上がっていました。普段は緑の多い、とても気持ちのよい広場なのですよ。

http://www.go2park.net/parks/oomiya_second.html